この先のVRゲームで起こりえる問題

今後この先に必ず来るであろうシンギュラリティ(人工知能がこれまでの生活を戻ることができないくらいに人のあり方を変貌させる)と同様に3DプリンタやVRもそれらに深く関係して繋がっていくと予想されます。特にVRはこれまでのゲームを一身させるほどの目まぐるしい発展を遂げておりますが、ただ単純にゲームイコールVRだけに留まることは考えられません。
従来のゲームで見られるこれまでのあり方は画面を眺めつつ楽しめる要素がありました。VRは一人称視点による自らが行動するわけではありますが、実際にこの技術は恐ろしいほどのスピードで進歩し続けております。そしてそれは思った以上に早い段階でさらなる世界観を広げていくことになるのですが、VRを使ったゲームはこれからが面白いと考える方は少なくありません。
そしてVRのゲームがさらなる進歩を遂げたときそれはすでにゲームの領域を超えた自身の生活にもなる可能性も秘めています。ゲームが害悪だとされていた昭和の頃、健康上良くない、知識の低下などどちらかというとマイナス要素ばかり挙げられてきました。しかしながらゲームは人の思考性を高め技術の発展にも貢献してるのです。
今後VRゲームは第二の生活空間となり、そこでは自分の好みのアバターを作り物語でしか出会えなかった幻想的な人や生物などに出会うことも可能になります。もしサンタクロースに会えたらどう思いますか?それを可能にするのがVRゲームであり、そしてそれは現実に可能性が高くなっています。そしてそのときは現実に生きる時間の中でVRゲームを楽しむ時間をどう作り出すか、少しでもその世界に依存したいという気持ちから労働などにもかなりの影響を及ぼすことになるのではないでしょうか。